ヘッドスパの内容パーマとカラーを同時に施術できるの!!

ヘアスパ
  • パーマとカラーを同時に施術することは、今日では当たり前に施術されています。ですが薬剤(パーマ剤、カラー剤) に由っては髪のダメージは大きいです。

    一番に悪い組み合わせは、普通のパーマ(アルカリ性タイプ)とヘアカラー(一液、二液タイプ)を一緒に施術すると髪への負担も重なり、髪のダメージは損傷毛ほど大きいです絶対にお止め下さいね。

    また前日にご自身で染められた方も十分に注意です。施術前に担当のスタッフにどの様なタイプの染料を使用されたかを、言っていただけたら美容室側も対応してくれると思います。是非ご相談されることを願います。

    ここでしっかりコンサルされることはきわめて大切です。ダメージを受けると修復に時間がかかります。傷んだ髪はなかなか直ぐに元の髪に戻りません切り落とす事が出来れば一番いいのですが、髪が伸びるのを待つしかありませんね。

    まずは、ご自分の髪の状態を確かめて、髪の痛みが激しいようでしたら同時施術を避けていただいたほうが無難です。後日パーマの定着が落ち着いたら、髪の負担の少ないカラー剤でお染下さい。

    どうして傷むの?
    パーマのかかるメカニズムは、1本1本の髪の毛の中にあるマトリックスというタンパク質を液剤の1液で溶かし、2液で固定してストレートやウェーブを出すもの。

    液剤で髪の内部に作用させるものですから、髪のダメージを受けやすく、 ヘアカラーで、髪の内部に定着させるものなら二重の負担を強いられます。結果「ボワボワ」「パサパサ」枝毛、切れ毛原因になり乾燥毛になってしまいます。

    カラー剤には色々のタイプのカラー剤があります。同時にカラーとパーマかけたい方にオススメのカラー剤は内部に浸透させなくて、大部分は髪の表面に定着させ色を出せるカラー剤をお選びになれば髪の負担はやわらげますね。本来パーマとカラーを同時に施術することはオススメできません。

    また、前日にご自身で染められた方。ヘアカラーを先に施術されると、パーマでカラーが落ちし易いですね。できるならパーマの後にカラーをしていただく方がカラー落ちしませんね。

    どうしても、、パーマもカラーも一緒にかけたい方に、オススメは酸性カラー剤(半永久染毛剤等)です。カラーも結構長く持ちます。しかし、酸性カラーも万能ではないです。髪の健康のために、できるだけヘアケアを十分に心がけてください。美容室では色々の方法で同時に施術が行なわれております。

    まずはご希望のスタイルのみに捉われず、 ご自身の髪の状態を把握し、髪のダメージを最小限に 抑えて施術することですね。

    髪の痛みがない、スタイルし易く、お手入れラク、、これにつきますね。きっとあなたの個性がこの中にありです。

q&a

ヘッドスパの内容染める前にパッチテストは必要ですか?

ヘアスパ
  • 始めて染めを経験される時には必ずパッチテストをオススメします。

    パッチテストとは、染毛剤にかぶれる体質であるかどうかを調べるテストです。草木染め(へナ等)でもかぶれる方もおられます。

    方法としては、使用する染毛剤を腕の内側に塗布し、24時間放置します。特に異常がなければ染毛できますが塗布部に発疹、発赤、かゆみ、水疱、刺激などの皮フの異常があった場合には、直ちに洗い落とし、染毛はしないで下さ い。

    今日では酸性カラーなど色々な染毛剤あり、ご相談すると良いでしょう。アレルギー体質の方 、お肌の敏感な方、今までに染毛剤でかぶれたことのある方などは、必ず事前にパッチテストしてからカラーをされることをオススメします。

インフォメーション

ご予約・お問い合わせ 
0952-23-2338
予約フォームへ
所在地:佐賀市朝日町2-7
交通案内

美容室からのお約束

☆アフターケア(無料)
お気軽にご来店ください。
☆午前中の結婚式、披露宴等
早朝、時間外料金は無料です。
(1日前迄にご連絡ください)

モバイルサイト

アルバ美容室モバイルサイト スマホ・ケイタイで上のQRコードを読み取りアクセスして下さい。

Map&駐車場

駐車場アクセス